節電

節電とは

2011年3月11日の大震災以降、「節電」という言葉を良く聞くようになりました。

 

以前にも節電という言葉はあり、その場合は、エネルギーの節約や家計の節約のために使われてきました。

 

2011年の夏の時期も節電を呼びかけています。

 

なぜ節電をしなければならないか?知っている方も多いでしょう。

 

大震災後や津波により、福島第一原子力発電所が稼動停止、メルトダウンという大変な状況になり、福島県は放射能によって汚染され、発電所が廃炉になった今でも、放射能の危険が払拭されていません。

 

そこで、各地の原子力発電所が定期点検に入り、解除されず、停止した状態が続いています。

 

東京電力の電力が不足して大規模停電を防ぐために15%の節電を呼びかけています。

 

安定した、電力が提供されるまで、「節電」は呼びかけられる問題でしょう。

 

そこで、「節電」や「節電」方法について紹介しましょう。

ふるさと納税を利用して節税を

皆さんは確定申告をしていますか?確定申告は正しく行えば大幅な還付が期待できてとてもお得です。そして、なんといっても節税において忘れてはいけないのが「ふるさと納税」。知らない方もいるかもしれませんが、ふるさと納税とは地方推進を目的に国が定めている制度で、ふるさと納税を利用するとかなりの税金が免除されるのです。詳しくはこちらを参照

名称は「ふるさと納税」ですが、自分にゆかりの無い地域でも利用できます。またこの制度では各地域の商品を購入することで、節税のメリットが得られるという方式の為、全国の様々な特産品などを取り寄せることが可能なのです。食品や名産品を手に入れた上で、節税にもなるという大きなメリットが存在します。必ず利用しましょう。

クレジットカードで徹底節約

節約にはクレジットカードが欠かせないって知っていますか?カードを利用するとポイント還元などで実質割引になるんです。電気料金などの公共料金を始め、ETC利用など様々な支払いをカードにすれば、ぐっとお得になります。

特にETCを利用していない方は切り替えるべきでしょう。ETCを利用するとそもそも高速道路の料金が相当安くなります。これを利用しないてはありません。長距離での利用では何千円も変わってきますので要チェックですよ。

ETCカードを作るならイオンカードがおすすめ。年会費無料のイオンカードならしっかり節約できます。ETC利用も実質0.5%割引に。

クレジットカードはニーズで選ぼう

いま、1人当たりのクレジットカードの平均保有枚数は約3枚だそうです。私もちょうど3枚持っており、目的に合わせて使い分けています。メインで使っているのはネットショッピングでポイント還元率が高くなるカードです。

ポイントが数倍になるキャンペーンもあり、そんな時にまとめ買いをしてポイントがどんどん溜まっていくのが楽しくて仕方ありません。もう1枚は、近所の大型スーパーで加入したカードです。

毎日の食料品はここで買うので、レジの処理が早いカードは便利ですし、月に何回かカード払いには割引が適用されるサービスデーがあるので有効活用しています。そして、残りの1枚はおもに海外旅行をするときに使うカードです。

旅行代金をそのカードで支払うと海外旅行保険が付いたり、旅行先でもサービスカウンターで相談や休憩ができたりと、なにかと役に立つ1枚なんです。

年会費無料のカードでこのサービスはかなりお得といえるのではないでしょうか。クレジットカードは手持ちが少ない時でも買い物ができたり、ポイントをためる楽しみがあったり、あるいはそのカードに付帯されたサービスを受けたりと、様々なメリットがあります。現代人にとっては、もはや生活に欠かせないアイテムといってもいいかもしれません。

それぞれのカードには独自のサービスを持ったものも多いので、比較サイトの口コミなどを参考にするのもおすすめです。自分のニーズに最適なカードを探してみましょう。